Concept

心から着たいと思えるドレスを想い描き、そして叶える

「"本当に着たい"と思えるドレスがなかなか見つからない…」。
私自身の経験からも、花嫁様のそのようなお声になんとかして応えたいと思ったのが、
ドレスを創ろうと思ったきっかけでした。

実際にドレスを目の当たりにし、触れた時に、花嫁様に共感していただける素材の素晴らしさ。
花嫁様お一人おひとりの好みに合わせ、個性を最大限に引き出す細やかなアレンジ。

この2つが揃ってこそ、本当に着たいドレスになるとトゥー・レ・ドゥーは信じております。
世界に1着のオーダーメイドはもちろん、レンタルの場合でも、
妥協することなく理想のドレスを着ていただけるように、ボディラインに沿った
一番似合うドレスにするためのお手伝いと、花嫁様のご希望を叶えるデザインアレンジのご提案をしております。

トゥー・レ・ドゥーのドレスが、結婚式でお客様を最高の笑顔に導きますように…。

トゥー・レ・ドゥー 代表兼デザイナー SachikoFukui

仕事の傍ら服飾の勉強を続け、結婚を機に独自のデザインを確立すべくヨーロッパへ。
本場のウェディングドレスの豪華さに魅了され、1992年より製作を開始。1997年に田町にアトリエを構えたのち、2004年に銀座店をオープンし、現在に至る。
バックスタイルの美しさにこだわって手掛けたドレスは2,500着以上。現在も多くの花嫁から厚い支持を受けている。また、生地の選定においてもデザイン以上にこだわりを持ち、多忙な中でも納得するまで、パリ・ニューヨーク・ミラノと飛び回ることも。
「ドレスを創ることで、お客様に喜んでいただけるのが楽しくて仕方ない」――。そう語るデザイナーの人柄に惹かれて、結婚式後に再びお店を訪ねるお客様もいらっしゃるほど。

上質で可憐 完成されたエレガンス

数々のブライダル誌の読者アンケートで「着たいドレス」上位にランクインしている、トゥー・レ・ドゥーのドレス。
その人気の秘密は、「デザイン」、「質感」、「花嫁様が一番綺麗に見えるアレンジ技術力の高さ」にあります。
トゥー・レ・ドゥーでは、この3つのポイントに徹底したこだわりを注ぐため、ドレスをハンドメイドで一つ一つ丁寧に紡いでおります。
デザインから縫製に至るまで、すべてのドレスを自社アトリエで創り上げるからこそ叶えられる美しさを、ぜひご体感ください。

デザイン

デザイン

トゥー・レ・ドゥーのドレスには、清楚でフェミニン、かつ誰からも愛される花嫁像が、
しっかりと息づいています。スタイリッシュなデザインのドレスにも、どこかに
トゥー・レ・ドゥーらしい優しい雰囲気がさりげなく織り込まれているのです。

現代の日本女性の美しさを最大限に引き出すのは、
「シンプル&エレガント」であるとトゥー・レ・ドゥーでは考えています。
その考えに基づき、ロングトレーンや背中のVラインなどの、
挙式中のバックスタイルにこだわり、デザインを磨き上げていきました。
挙式を大切に考える花嫁様を、心からサポートしたい――そんな想いから描き出された
ウェディングドレスは、バージンロードに凛々しさと荘厳さを添えてくれます。

素材感

素材感

日本の女性特有の華奢な体には、繊細な素材がとても合います。
数ある素材のなかでも、自然な立体感や陰影が出せるのは、天然のシルクと繊細なレース。
天然のシルクには、柔らかな色合いがあり、お肌を白く見せる効果もあります。
また、体へのフィット感が美しく心地良いのは、繊細なレースならでは。
質の高い生地を使用すると、驚くほど写真映えがよくなるのです。

トゥー・レ・ドゥーでは素材にこだわり、ドレス文化の歴史が長く素材の品揃えも豊富な、ヨーロッパ産の生地を使用しております。

花嫁様が一番綺麗に見えるアレンジ技術の高さ

花嫁様が一番綺麗に見えるアレンジ技術力の高さ

二の腕やウエスト、脇など、花嫁様が気にされる部分を美しくカバーできるよう
1ミリ単位で調整していきます。
また、直前でお痩せになってしまっても、挙式1週間前までのお直しが可能です。
ぴったりしたドレスが着られるという安心感で、挙式当日をお迎えいただけます。

さらにトゥー・レ・ドゥーは、雰囲気や広さ、明るさ、「ゲストからどの角度で見られる
ことが多いか」、「祭壇の階段が何段あるか」など、会場の隅々にいたるまですべて把握。
それに合わせ、花嫁様がお召しになるドレスを、一番美しく見えるデザインにアレンジしていきます。

ページトップへ戻る